FIRST Globalについて

FIRST Globalとは?

FIRSTLegoJR_Icon

FIRST Globalは、全世界にいる20億人を超える若者の中に、科学、技術、工学、数学(STEM)への関心や情熱を促進するために毎年国際的なロボット競技会を開催しています。

アメリカを拠点とした非営利の公益法人として設立され、「オリンピック」スタイルのロボット競技を開催しています。FIRST Global は、毎年すべての国から1チームを招待します。それぞれ異なった社会背景、言語、宗教や文化を持った高校生同士が国際的なロボット競技会で交流する橋渡し役になれればと願っています。

この未来のSTEMリーダー達が集まり、協力やコラボレーションが必要なロボット競技会に参加することで、自国にSTEM教育の重要性、感動、応用性を伝えることができるしょう。またFIRST Globalは生徒達にSTEM学習は、自分の親や祖父母達が「奇跡」、「不可能」、「SFチック」だと思うような発明や発見を生み出すのに必要な学習スキルであることをお伝えしていきます。

FIRST Globalは、多くの国の政府や団体にSTEM教育を根付かせように力を注ぎ、近い将来に世界で頭角をあらわすことになる若い人々への投資をするお手伝いをさせて頂いております。

MISSION

FIRST GLOBALの使命は、お互いの理解を深め、協力する大切さ、世界の差し迫った問題、すべての人々の生活の質の向上のため、世界中の若い人達が科学とテクノロジーでリーダーシップをとり、イノベーションを起こす心を育むことだと考えています。

この使命は、毎年1つの国の首都で開催されるFIRST GLOBAL Challengeの活動の中で達成され、その中で開催される国際的なロボットゲームで締めくくられます。

私達は世界の若い人達にコミュニケーション、協力、一緒に活動する方法を学んで欲しい思っています。そして科学とエンジニアリングの手法を使い、世界が直面する大きな課題(水、エネルギー、安全、薬、食料、教育など)を解決するにはどのようにすれば良いかを学んでもらいます。 そうすることで一緒に活動し、お互いを信頼し、真の世界のコミュニティーの一員になるにはどうすればよいかを学習していくのです。

FIRST GLOBALのプログラム

FIRST GLOBAL CHALLENGE

ファースト・グローバルチャレンジは、毎年1回開かれるロボット競技会です。競技会では米、英、中国のナショナルエンジニアリングアカデミーが定めた世界が取組むべき科学の14課題(the 14 Grand Challenges)の1つに取組みます。毎年違う科学の課題がその年のFIRST GLOBAL CHALLENGEのテーマになり、大会は年毎に様々な国の首都で開催されます。その14の科学の課題の重要性を強調するために、エンジニアリングアカデミーは年次総会を、この7月にアメリカ・ワシントンDCで開かれるFIRST GLOBALの第1回開催式と同時開催する予定です。

GLOBAL STEM CORPS

GLOBAL STEM CORPS(GSC)とは、グローバルチャレンジに取り組もうとする若い世代が必要とする世界へのFIRST GLOBALが提供する21世紀の答えです。

GSCを通じて、ボランティアに携わる方々は「オリンピックスタイル」のロボットゲームを生徒に指導することで、世界中の生徒達にSTEM教育を通じて充実した、エキサイティングな、やりがいのある毎日を継続する気にさせることでしょう。

これらの地域社会に根ざしたボランティアは高校生、大学生といった一般市民から、大学のロボット工学、エンジニアリングチームまでと幅広い方々がいます。

GSCはメンターとFIRST Globalの競技者がオンライン、または電話でいつでも、どこにいてもGSCに繋がれることで、科学、協力と競技会のユニバーサルな環境を全世界に提供します。

創立者 – ディーン・ケイメン

ディーン・ケイメンは、発明者、起業家、科学とテクノロジーの提唱者です。彼の発明家・提唱者しての役割は、実用的で現実世界で使えるテクノロジーへの情熱と、STEMの魅力を20億人を超える青少年に広げることに集約されます。ディーンは、世界の若い世代の子供たちに科学と工学のツールを持たせることが、今そして将来に世界が地球規模で直面する緊急課題を解決することにつながると確信しています。

FGCの公式サイトはこちら(海外サイト) http://first.global/  (海外サイト)