NPO法人 青少年科学技術振興会 FIRST Japan

日本の未来を創る科学人材・グローバル人材の育成をサポートしていきます

NEWS
NEWS List
FGC2021 高校生日本代表チームを募集!

190の国とつながれ ! 日本の高校生!!

FIRST GLOBAL Challenge(FGC)は、世界190ヶ国から各国代表の高校生チームが参加する世界最大級規模のロボット競技会です。
2017年にワシントンD.C.で第1回目の大会が開催されて以降、メキシコシティ―(2018年)、ドバイ(2019年)で毎年開催されてきました。昨年はオンラインでの開催となりましたが、世界178ヶ国から約1,000人の生徒が参加しました。
そして今年もオンラインではありますが、FGC2021が開催されることになりました!大会テーマ「DISCOVER & RECOVER」を掲げ、世界190ヶ国の生徒が繋がり、12週間に渡って3つのチャレンジに挑戦します!

FGC2021大会テーマ「DISCOVER & RECOVER」

日本代表チームを募集
FIRST Japan(NPO法人 青少年科学技術振興会)は、2021年 6月27日(日)~9月18日(土) に開催される「FIRST Global Challenge2021」に日本代表として参加を希望する高校生チームを募集いたします!
今大会は1日だけのロボット大会ではなく、12週間にわたり3つに分かれたチャレンジに取り組む内容です。FGC本部が定期的に開催するトークセッションやトレーニングセッションセッションに参加し、セッションごとの課題に取り組みながらチームの活動を積み上げていきます。
今各チャレンジを担当するチームを募集し、3つのチームを連合して日本代表チームを編成します。希望するチャレンジを選んでご応募下さい。

3つのチャレンジ

①ソリューションズ・チャレンジ・・・大会テーマ「DISCOVER & RECOVER」に沿った各国や世界の課題解決のためのソリューションを提案します。
②キューブサットプロトタイプ・チャレンジ・・・Arduino基板をベースにしたキットでキューブサット(小型人工衛星)を制作し打ち上げます。キットは提供されます。
③ロボティクス・チャレンジ・・・REV Robotics社のロボットセットを使い、4つの課題に沿ったロボットを設計します。ロボットは提供されます。
※①のチャレンジはロボットの設計や製作がありませんので、ロボットの経験の無いチームでもご応募頂けます。

大会の詳細や応募に関してはこちらFGC2021特設ページをご確認下さい。
応募の締め切りは6月19日(土)です。
多くのチームからのご応募をお待ちしております。

FGCについて https://firstjapan.jp/program/fgc/
FGC公式 https://first.global/

FLL全国大会「JapanOpen」開催 視聴申込はこちらから

FIRST LEGO League 2020-2021の全国大会「JapanOpen」を2月14日(日)に開催いたします。本大会は米国 NPO 法人 FIRSTとレゴ社が主催する国際ロボット競技会「FIRST LEGO League(FLL)」の公式日本大会です。
2つのカテゴリー「FLL Explore(小学1年~3年)」「FLL Challenge(小学4年~高校1年)」が同時開催となります。
今大会には予選大会で選出されたFLL Explore12チーム、FLL Challenge36チームが全国から参加いたします。
またスター・ウォーズのチャリティーで招待される「スター・ウォーズ チーム」7チームがゲスト参加いたします。
今大会での上位入賞チームは、今年夏に開催が予定されている世界大会「FIRST World Festival」に出場する権利を獲得します。
大会はコロナウィルスの影響からオンラインを利用したリモート大会になります。
以下開催概要をご確認ください。

大会名称FIRST LEGO League 2020-2021 Japan Open(全国大会)
日程2021年2月14日(日)
会場オンライン
YouTubeLiveで生配信(視聴申込は以下のURLから)
https://forms.gle/EMPehnu9FcVXQTSJA
競技時間タイムテーブルはこちらから
(FLL Challenge)開会式:8:50 競技配信:9:30-15:30 閉会式:16:30
(FLL Explore) 開会式:11:20 チーム動画配信:11:35-14:00 閉会式:16:30
主催NPO法人青少年科学技術振興会(FIRST Japan)
後援文部科学省・経済産業省
協賛株式会社ロボット科学教育、株式会社レゴジャパン、ウォルト・ディズニー・カンパニー、中央出版株式会社、株式会社DIC学園、三井化学株式会社、清水建設株式会社、株式会社シーディア、伸和コントロールズ株式会社、DXC テクノロジー・ジャパン株式会社、三栄ハイテックス株式会社、株式会社 And Technologies
協力ブルームバーグ L.P.、コンチネンタル・オートモーティブ株式会社、株式会社サムスン日本研究所

【参加チーム】
FLL Explore: 12チ―ム
FLL Challenge:36チーム
スター・ウォーズ チーム:7チーム(ゲストとしての招待参加)

【FLLについて】
FLL は子供たちが科学やテクノロジーを利用して、現実世界の課題解決や科学の楽しさを体験することができる STEM 教育プログラム、ロボット競技会です。世界 110 カ国で開催され、毎年 48 万人を超える青少年が参加しています。日本では 2004 年から毎年開催されています。
子供たちはチームを組み、大会テーマに基づく探求学習とプロジェクトプレゼンテーション、ロボット競技やモデル製作に挑戦します。地方予選の上位チームは全国大会に、全国大会での上位チームは日本代表として世界大会に出場する権利を得られます。
競技の概要は以下をご確認ください。
 FLL Explore  https://firstjapan.jp/program/explore/
 FLL Challenge https://firstjapan.jp/program/challenge/

【大会のテーマ】
「スポーツの再定義」が今シーズンのテーマです。
もっと多くの人々が、健康的でアクティブな生活を送るために「運動」やフィジカルな「遊び」を日常化できないかを探求します。
これまでの概念を超えた「新しいスポーツ」とそれを導入したライフスタイルの提案がテーマとなります。
Exploreは「GameMakers」、Challnegeは「Re Play」のタイトルです。
 テーマの紹介動画:https://youtu.be/4F6gR6c2l70

【競技・審査に関して】
今大会では、審査員・レフリーもリモートでの参加となります。
Explore
・オンライン上の審査ルームで生でプレゼンテーションを行います。
・テーマ学習、製作したモデル、ポスター、コアバリューの観点で 審査があります。
・Exploreはロボット競技がないため順位がなく、全チームが表彰されます。

Challenge
・「ロボット競技」:2分30秒でいくつのミッションを攻略できるかを競います。ロボットはプログラミング制御で動く自律型です。3回試合を行い一番良い得点がチームの得点となります。
・「プレゼンテーション」(非公開):自分たちの研究成果を「プロジェクト」「ロボットデザイン」「コアバリュー」という 3 種類のプレゼンテーションにまとめ、それぞれ約5分間で審査員の前で発表します。プレゼンテーションもそれぞれ点数化されます。
・ロボット競技の順位と各プレゼンテーションの順位の合計で総合順位が決定されます。

【STAR WARS:Force for changeについて】
昨シーズンに続き、ウォルト・ディズニー・カンパニーと FIRST がチームを組み、チャリティープログラム「STAR WARS:Force for Change」を実施しています。このチャリティーはイノベーター人材の育成やSTEM 教育格差・理工系のジェンダーギャップの解消を目的にしたものです。
日本ではSTEM教育振興を目的に「スター・ウォーズ チーム」を募集しチームの活動をサポートしています。今大会ではスター・ウォーズ チーム7チームをゲストとして招待し、全国大会の中で活動の成果を発表して頂きます。(ゲスト参加のため入賞対象にはなりません)
Force for change紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=Vi4CNyYul-0&t=69s 
(スター・ウォーズ出演者俳優が紹介!)
チャリティーの詳細:https://firstjapan.jp/events/starwarsforce-for-change/



スター・ウォーズ チームを募集

FIRSTはウォルト・ディズニー・カンパニーとチームを組み、チャリティープログラム「Star Wars: ForceForChange」を実施し、次世代のイノベーターの育成に取り組んでいます。
今年で2年目になるこのチャリティー・プログラムでは、4歳~16歳までのこれまでSTEM教育に触れたことがない子供たちや、ロボットやプログラミングに興味のない女子生徒に、FLLを通じてSTEM教育を体験する機会を提供します。「スター・ウォーズ チーム」を募集し、幼稚園や学校、地域チームでFLLの活動に参加を希望するチームをサポートします。採択チームにはレゴ®社のロボット教材やFLLの大会キットの無償提供を行い、無料でFLLをベースにしたSTEMに触れる機会を提供します。
FIRSTJapanはこのチャリティー・プログラムを通して、STEM教育ギャップやジェンダーギャップの解消に、また小学校・中学校のプログラミング教育に少しでも貢献することを目指しています。
プログラムに関しての詳細は、「Star Wars: ForceForChange」特設ページをご覧ください。https://firstjapan.jp/events/starwarsforce-for-change/

スター・ウォーズの公式twitterでも紹介して頂いています。

1 2 3 20