NPO法人 青少年科学技術振興会 FIRST Japan

日本の未来を創る科学人材・グローバル人材の育成をサポートしていきます

NEWS
FLL全国大会「JapanOpen」開催 視聴申込はこちらから

FIRST LEGO League 2020-2021の全国大会「JapanOpen」を2月14日(日)に開催いたします。本大会は米国 NPO 法人 FIRSTとレゴ社が主催する国際ロボット競技会「FIRST LEGO League(FLL)」の公式日本大会です。
2つのカテゴリー「FLL Explore(小学1年~3年)」「FLL Challenge(小学4年~高校1年)」が同時開催となります。
今大会には予選大会で選出されたFLL Explore12チーム、FLL Challenge36チームが全国から参加いたします。
またスター・ウォーズのチャリティーで招待される「スター・ウォーズ チーム」7チームがゲスト参加いたします。
今大会での上位入賞チームは、今年夏に開催が予定されている世界大会「FIRST World Festival」に出場する権利を獲得します。
大会はコロナウィルスの影響からオンラインを利用したリモート大会になります。
以下開催概要をご確認ください。

大会名称FIRST LEGO League 2020-2021 Japan Open(全国大会)
日程2021年2月14日(日)
会場オンライン
YouTubeLiveで生配信(視聴申込は以下のURLから)
https://forms.gle/EMPehnu9FcVXQTSJA
競技時間タイムテーブルはこちらから
(FLL Challenge)開会式:8:50 競技配信:9:30-15:30 閉会式:16:30
(FLL Explore) 開会式:11:20 チーム動画配信:11:35-14:00 閉会式:16:30
主催NPO法人青少年科学技術振興会(FIRST Japan)
後援文部科学省・経済産業省
協賛株式会社ロボット科学教育、株式会社レゴジャパン、ウォルト・ディズニー・カンパニー、中央出版株式会社、株式会社DIC学園、三井化学株式会社、清水建設株式会社、株式会社シーディア、伸和コントロールズ株式会社、DXC テクノロジー・ジャパン株式会社、三栄ハイテックス株式会社、株式会社 And Technologies
協力ブルームバーグ L.P.、コンチネンタル・オートモーティブ株式会社、株式会社サムスン日本研究所

【参加チーム】
FLL Explore: 12チ―ム
FLL Challenge:36チーム
スター・ウォーズ チーム:7チーム(ゲストとしての招待参加)

【FLLについて】
FLL は子供たちが科学やテクノロジーを利用して、現実世界の課題解決や科学の楽しさを体験することができる STEM 教育プログラム、ロボット競技会です。世界 110 カ国で開催され、毎年 48 万人を超える青少年が参加しています。日本では 2004 年から毎年開催されています。
子供たちはチームを組み、大会テーマに基づく探求学習とプロジェクトプレゼンテーション、ロボット競技やモデル製作に挑戦します。地方予選の上位チームは全国大会に、全国大会での上位チームは日本代表として世界大会に出場する権利を得られます。
競技の概要は以下をご確認ください。
 FLL Explore  https://firstjapan.jp/program/explore/
 FLL Challenge https://firstjapan.jp/program/challenge/

【大会のテーマ】
「スポーツの再定義」が今シーズンのテーマです。
もっと多くの人々が、健康的でアクティブな生活を送るために「運動」やフィジカルな「遊び」を日常化できないかを探求します。
これまでの概念を超えた「新しいスポーツ」とそれを導入したライフスタイルの提案がテーマとなります。
Exploreは「GameMakers」、Challnegeは「Re Play」のタイトルです。
 テーマの紹介動画:https://youtu.be/4F6gR6c2l70

【競技・審査に関して】
今大会では、審査員・レフリーもリモートでの参加となります。
Explore
・オンライン上の審査ルームで生でプレゼンテーションを行います。
・テーマ学習、製作したモデル、ポスター、コアバリューの観点で 審査があります。
・Exploreはロボット競技がないため順位がなく、全チームが表彰されます。

Challenge
・「ロボット競技」:2分30秒でいくつのミッションを攻略できるかを競います。ロボットはプログラミング制御で動く自律型です。3回試合を行い一番良い得点がチームの得点となります。
・「プレゼンテーション」(非公開):自分たちの研究成果を「プロジェクト」「ロボットデザイン」「コアバリュー」という 3 種類のプレゼンテーションにまとめ、それぞれ約5分間で審査員の前で発表します。プレゼンテーションもそれぞれ点数化されます。
・ロボット競技の順位と各プレゼンテーションの順位の合計で総合順位が決定されます。

【STAR WARS:Force for changeについて】
昨シーズンに続き、ウォルト・ディズニー・カンパニーと FIRST がチームを組み、チャリティープログラム「STAR WARS:Force for Change」を実施しています。このチャリティーはイノベーター人材の育成やSTEM 教育格差・理工系のジェンダーギャップの解消を目的にしたものです。
日本ではSTEM教育振興を目的に「スター・ウォーズ チーム」を募集しチームの活動をサポートしています。今大会ではスター・ウォーズ チーム7チームをゲストとして招待し、全国大会の中で活動の成果を発表して頂きます。(ゲスト参加のため入賞対象にはなりません)
Force for change紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=Vi4CNyYul-0&t=69s 
(スター・ウォーズ出演者俳優が紹介!)
チャリティーの詳細:https://firstjapan.jp/events/starwarsforce-for-change/