FLL












FLL Jr.






大会スポンサー




後援
ロボット技術検定

FLL2016 JAPAN OPEN大会レポート

  FLL2016 JAPAN OPEN(全国大会)が2017年2月12日(日)に東京工大学大岡山キャンパスで開催されました。今年は日本全国から約100チームがエントリーし、地方予選を勝ち抜いた36チームがJAPAN OPENに出場しました。

fll06 r-2
東京工業大学 大岡山キャンパス 開会はこの合図から。3.2.1.LEGO-!

 

今年のテーマは「Animal allies」、動物がテーマでした。人間と動物とがお互いに満足し共存する関係”Allies”を築くにはどうしたら良いのかを探求しました。チームは1つの動物に焦点を当て、その動物が抱える問題点を探り、その解決策を発表しました。革新的なプレゼンテーションが多くありました。

 

r-33 r-44
プロジェクト・プレゼンテーション ロボットデザイン・プレゼンテーション

 

 展示ブースもコアバリュー・プレゼンテーションの重要な審査項目。来場者に活動内容を説明し、他のチームとの交流も図りました。

 

r-5 r-6
TSKY チームブース展示 追手門Space Challenger チームブース展示

 

  ロボットゲームはテーマ「Animall Allies」にちなんだロボット競技です。

「サメの輸送」、「介助犬の行動」、「動物保護」、「自動搾乳機」といったミッションをクリアしていきます。

さすがJAPAN OPEN。高レベルなロボット技術を駆使したパフォーマンスが繰り広げられました!ロボットパフォーマンス1位は「Tokyo Lego Team」の349点でした。

r-7 r-8
ロボットゲームの模様 You Tubeでの動画配信も行われました。

 

FLL Jr.

 本年度からFLL Jr.もスタートしました。
FLL Jr.は対象年齢が6~10歳でFLLと同じように世界共通の社会問題を調べ、その結果や活動の成果を発表します。
今大会テーマは「CREATURE CRAZE(いきもののせかい)」です。地球上に住んでいる様々な生き物がどうしてそこに住み、他の生き物と共存しているのか、どんな問題があるのかを探りました。
全国から12チームが集まり、それぞれポスターとレゴモデルを使って自分たちの活動について紹介しました。

r-9  r-10
ブースでのポスター展示。どのチームも活動内容をしっかり表現しました。 いきもののせかいをモデルで表現しました。モーター、センサーを使用した動くモデルです。
r-11  r-12
4分間のプレゼンテーション!審査員に伝えたいことを一生懸命話しました。 世界大会の切符を手にしたのはチーム「Kicks East      (名古屋)」。世界でも頑張ってください。

今回その中でも1チームが世界大会に選出されました。チーム「Kicks East」は

今年7月、アメリカセントルイスで開催される2017 FIRST CHAMPIONSHIPに出場します。

今回初開催でしたが、とてもクオリティーの高い作品、発表が披露されました。

次回は地域大会も予定しておりますので、更なる盛り上がりに期待したいところです。

 

JAPAN OPEN恒例のパフォーマンスタイム!ダンス、劇、クイズ大会などが行われ、会場は大興奮。会場が一体となって盛り上がりました!

r-13 r-14
「TRY☆SKY」によるダンスパフォーマンス GKA Swift Star & GKA Swift Sky

アワードセレモニーではプレゼンテーション、ロボットゲーム、チャンピオン賞が審査員の先生方から発表されました。

そして世界大会を目指して活動してきたチームにとってはまさに運命の時間!世界大会に進出するチームが発表されました。今回の世界大会は6つの地域で開催されます。(米 セントルイス、カリフォルニア、アーカンソー、デンマーク イングランド、豪 シドニー)

世界大会への出場を決めたのは全9チーム。 チャンピオン賞上位8チームと、特別賞である石田晴久先生賞が世界大会に出場します。これから日本チームの活躍が楽しみです。 Go teams! Have Fun!!

r-15 r-16
石田晴久先生賞「Friends Fab」(普連土学園中学校 東京)  チャンピオン賞1位「Tokyo Lego Team」(東京)

参加したチームの選手、メンター、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。選手の皆さんはFLLでの経験をこれからの活動に生かしてください。

また次回FLL2017でお会いしましょう。